高麗人参はどこで採れる?

豊基という場所は、気候条件において、栽培する上で非常に適している土地であったために、山の中でも自然に生えていた場所でもあるのです。
韓国内においては、栽培などではなくて、自然に採掘できていた歴史があるようです。
もともと高麗人参という食物は、非常に栽培するのが困難である作物で、産地であったといわれている朝鮮半島においても、18世紀に李氏朝鮮時代において、ようやく栽培が成功したほど時間がかかっているのです。

それは、日本においても、奈良時代に中国から献上されて貴重な万能薬として一部の人たちの間でのみ知られていた高麗人参を江戸時代の初代将軍である徳川家康が栽培しはじめて、成功したのは、家康公のひ孫にあたる8代将軍の徳川吉宗の時代であったことからも、高麗人参の栽培において、条件が厳しいことがうかがえるのではないでしょうか。
現在において、韓国で高麗人参の主な産地は、忠清南道錦山郡と、仁川広域市江華郡と同様に、豊城産のものが有名なのですが、いくら自生している範囲が広かったとはいっても、天然の高麗人参というのは、採取するのが非常に困難であるために、希少価値も高いだけではなく、肉汁が硬くて重量も重いために、加工用に使われている原料人参として適していると言われており、その薬効についても優れていますので、韓国の国内でもなかなか手に入りにくい高級ブランドと言われているのです。

また、豊基の高麗人参というのは、小白山麓の豊富な有機物が含まれている土壌で生産されていますので、他の地方で採掘される高麗人参よりもその採掘時期を大体一か月程度遅らせることが可能なのです。
そのわずか1か月の差というものは、非常に大きくて、高麗人参における有効なサポニンという成分http://www.orangeglowproducts.com/の含有量が、他の地方で採掘されるよりも高くなって、また、高麗人参全体において人参サポニンのバランスがちょうどよい状態で含まれている者を採取することができるようです。