高麗人参の選び方

高麗人参が身体にいい成分が多く含まれていると分かっていても、高麗人参を乾燥させたものをそのまま日常の食生活へ利用するのは、非常に難しいという難点があります。
そこで、煎じなくてもよくて煮込まなくてもいい高麗人参茶に人気が集まっているようです。
人気が高いだけあって、高麗人参茶にも様々な商品が販売されており、どの商品を選べばいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。
そこで、高麗人参茶を選ぶ際のポイントhttp://www.climatestrategieswatch.com/kn05.htmlを紹介していきます。

まず、高麗人参は、栽培年数によって等級が定められているのを知っておきましょう。
1年~6年まで等級が分かれているのです。
その中でも、もっとも長い栽培年数の6年根とよばれているものがおすすめだといえるでしょう。
6年根は、美容効果が高いだけではなく、病気などの改善にも効果を発揮するといわれているサポニンという成分の含有量が高く、種類が豊富なことで知られているのです。
この6年間の栽培年数を過ぎてしまうと、人参自体の表皮が硬くなってしまい、木質化したり、形状不良などという理由で、使用されないのが一般的です。

次に水抽出かどうかをチェックしましょう。
抽出方法としては、水で抽出する方法とアルコールを使用して抽出する方法とに分かれているのですが、水で抽出する方法は、加工する上で非常に時間がかかってしまいますので、水で抽出する方法を採用しているメーカーは少ないのが現状のようです。
しかし、アルコール抽出では難しいとされているアミノ酸やタンパク質などのような人参自体が本来持っている身体にいいとされている成分を抽出することができるので、水で抽出されているものを探してみてはいかがでしょうか。
最後に、韓国政府が公認している正官庄であることがポイントとなってきます。
正官庄ブランドは、韓国政府によって本物の高麗人参であると認めたもので、6年根のもので100年以上の伝統技術で加工されているため安心して購入することができます。