高麗人参の女性の意識

高麗人参の主な活性成分ともいえるジンセノサイドという成分は、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た構造であり、エストロゲンと同様な作用を示していると言われているフェトエストロゲンの一種だと考えられているようです。
エストロゲン依存症の乳癌の缶や酸にとっては、高麗人参を服用することは注意するべきだという警告があるのですが、その科学的根拠については議論がいまだ生じており、具体的な答えはまだ出ていません。
高麗人参のもつエストロゲンの作用についてですが、まず、朝鮮人参というのは、体力をつけたり、抵抗力を高めるための生薬として代表的な存在であることを知っておく必要があります。

特に、癌治療において、抗がん剤の副作用を緩和したり、体力や免疫力を増強させる目的で、高麗人参が頻用されているのです。
このエストロゲンの活性についてですが、多くの研究が今もなおおこなわれています。
そこで、乳がん細胞に対してのエストロゲンについては、どのような働きを示すかにおいて様々な議論が繰り広げられているのが現状だと言えるでしょう。
エストロゲン依存症の乳がん治療の最中に、高麗人参に含まれているエストロゲン作用が、身体に悪い影響を及ぼすのではないかという懸念があるのです。

しかし、一方では、高麗人参のもつエストロゲン様作用が、エストロゲン依存性の乳癌細胞が増速しないよう刺激を抑えるという相反している意見もあるのです。
アメリカが中心となっている乳がん治療のガイドラインにおいては、ハーブを使用することを制限しているのですが、その理由の1つとして挙げられるのは、ハーブなどに含まれているフェトエストロゲンなどといったようなエストロゲン様活性が、乳がんなどの治療にも影響すると考えられているからなのです。
実際、高麗人参に含まれている成分のエストロゲン活性えお示している実験結果や、高麗人参は乳がん患者に使用してはならないという意見も多いようです。
しかし、そういったk脳性を否定する実験の結果も数多く発表されていますので、高麗人参が女性の乳がんなどの治療の妨げになるとは一概にいえないというのが現状のようです。

↓女性の美容に効果的な高麗人参