高麗人参がおいしく食べられる料理

高麗人参を料理に活用するうえで、和食では少ないのですが、朝鮮料理だと、参鶏湯などで美味しく口から摂取することができます。
ただ、その料理の前に、下処理を施しておかなければなりません。
高麗人参の下処理としては、まず、表皮についている土とゴミをきれいに取り除くことから始まります

まず、ボールに水を入れて人参を1分程度漬けておきます。
このことで人参に固くこびりついている土もよく落とすことができるのです。
土を落とした後は、歯ブラシを使用することによって、流水にさらしながら細部に挟まった土を掻きだすと、よりよく土を落とすことができます。

次に側根を整えていきます。
側根は少々苦味があるので、料理する前に切り取って、水に浸します。
そして、充分に苦みを抜くことができたら、他の野菜と和えて食べることもできますし、お茶に加えることもできます。
そして、竜頭部分は切り取ります。

一般的な料理において、高麗人参を使用する場合は、稀にそのまま竜頭部分も使用することもありますので、その料理方法によって使い分けるといいでしょう。
人参を丸ごと入れる料理の他に、一般的に料理として頻繁に使われる調理方法としては、丸く薄切りにすることが多いようです。
串焼きにする場合には、そのまま長く千切りにしたまま適当な太さに切って使用します。
西洋式に応用した方法ですが、ソースやジャムなどを作る際には、細かく刻むかすり下ろします。
高麗人参をそのまま使った調理方法として有名な料理には参鶏湯が挙げられますが、この料理をする際には、まず、600g以下の鶏を用意して、鶏の腹部分の脂身を切り落とすことから始まります。

そして、鶏を冷水で洗い、水気をきります。
次に、餅米を3時間程度水につけておいて、その後に水けをきって鶏の中に人参と一緒に入れます。
そして、鶏がひたひたになるくらい水を注いで下処理をしておいた人参やクリ、にんにく、ナツメなどを入れて、中火か弱火でよく煮ます。
よく煮た鶏と汁をさらに盛って、ざく切りにしたネギと卵を千切りにしたものをのせて、塩、コショウを添えて食べます。
このように調理しておいしく食べることもできますが、毎日食べ続けるのは大変ですよね。
そんな方におすすめなのが高麗人参エキスを飲み物で割って飲む方法やサプリメントで摂る方法です。
エキスやサプリメントだと必要な成分が凝縮されているため少量で1日に必要な量を摂ることができるため続けやすいです。
日本では高麗人参そのものを購入できる場所が少ないため、高麗人参エキスや高麗人参サプリメントが重宝します。